石垣島でのダイビングとシュノーケリングを安全に楽しくサポートします

〒907-0453
沖縄県石垣市川平654-2
tel 0980-88-2035
tel 090-1501-1819
e-mail ishigaki@beblue.jp
url http://www.beblue.jp/
IshigakijimaDiving > TopDiary201009 > 20100921

2010年9月21日のダイビング日記

2010年 9月 21日
晴れ 南東 波の高さ2.0m 気温32℃
こんにちは、ふみあきです
今日の天気は晴れ↑↑波もさらに弱くなり、波もなく、まさにダイビング日和。

そういえば、また台風ができました・・・小笠原方面に進んで行くみたいですが・・・

本日のゲストは
台風で潜れなかったりといろいろありましたが、2日間遊ぶことができました。M田さん
今日も、朝から元気いっぱいのK村さん、もちろんマンタ狙いです
マンタをぜひ見たいと、石垣島に初めて遊びにきた、M山ご夫妻
台風により飛行機が飛ばなかったりと、ヒヤヒヤしながらここまで来たのは・・・Y縣さん

午後からは毎年9月になるとマンタに逢いに石垣島まで潜っている、Y田さんとH渕さん

そんなメンバーで遊びにいったポイントは米原方面、マンタスクランブル、荒川方面へ

米原方面では
今日は太陽がずーっと出ていてくれて、水中はとても明るくダイビング&シュノーケリング日和に↑↑
ここでは、ダイビングとシュノーケリングに分かれて遊びに行きましたぁぁぁ。

シュノーケリングチームはY縣ご夫妻とM山ご夫妻です、
Y縣ご主人はシュノーケリング初挑戦です、みんなで遊び方を練習したあとは・・・
さぁ~海へ!!みなさん海に顔を付けただけで、サンゴに魚の群れに↑↑感動しています。

M山ご主人は、一人モクモクとかわいいデバスズメダイの写真をとったり、
奥様は初めてみるテングカワハギに、にらめっこしていました。

Y縣ご主人は何故か一人だけクマノミに威嚇され??それとも求愛され??フェロモンでも出ていたのでしょうか(笑)
奥様は本当はダイビングをしたかったみたいですが、あまりのサンゴの綺麗さに↑↑
「こんなにシュノーケリングで楽しめるなんて~」と大絶賛でした。

その頃、M田さん、K村さんはサンゴ、魚の撮影をしたり、プチ洞窟を潜ったりして遊んでいました。

続きましてぇ、2本目のマンタスクランブルでは、今日もマンタは見れるのか??
みなさん、朝からマンタ、マンタと!!マンタに逢えるのかが気になって、しょうがない様子です
こっちにまで、伝わる殺気を放ちながら、いざ海へ~!!

ダイバーチームは
海に入って、周りをキョロキョロときにしましたが・・・・いないなぁ・・・

マンタの大好きな根の近くで、マンタ待ちを!!
しかし待っても待っても、マンタが・・・おかしいな・・・こんなはずじゃ・・・

今日はマンタに逢えないのか、船の方へ戻って待ちましたが、ここでY田さんのエアーが少なくなり一人だけ先にあがることに

シュノーケリングチームもマンタをずっと待っていたのですが、マンタが現れず・・・少々疲れたので船に上がることに
船に一人ずつ上がっていると、その時です、1枚のマンタが登場してくれました↑↑
慌てて、フィン、マスクを付け直しマンタまで一直線で向かいます
M山ご夫妻、Y縣ご夫妻初めてみるマンタに大興奮です!!もう完全に諦めていただけに大喜び!!

そして、一人早く上がったY田さんは、マンタと聞くなり誰よりも早く海に飛び込んで写真をとっていました。

その後、ダイバーチームもあがり、マンタに逢えなかったとのこと・・・
タンクもかたずけ、その時です。船の下をマンタが通過!!
急いで再び準備して、みんなでシュノーケリングでマンタウォッチングです。

M田さん、K村さんマンタを撮影していましたが、あまり綺麗にとれなかった~くやしぃっと(笑)
(写真はイメージです。・・・)
なんとか本日は全員が逢えました~~~。私たちも「ほっ」としました。

ご飯を食べてのダイビングは、荒川方面へ
小さなエビ達を探したり、地形を楽しんだりして遊んできました。
Y田さんは小さなハナミノカサゴを発見!!そして撮影を↑ゆっくり納得がいくまで撮っていました。
M田さんはウミウシ?(クロヘリアメフラシ)を発見!!大喜びです。そしてもちろん写真も撮ってましたよ

本日のビーブルーのダイビングはこんな感じになりました。
IshigakijimaDiving > TopDiary201009 > 20100921